Page top
マイソール協会コラム
マイソール協会コラム

Columnマイソール協会コラム

『装具』ってなに?

mysole®

2021.02.16

装具って何と聞かれたときに皆様ならどう答えますか?

 

ここういうシンプルな質問の回答は簡単なようで難しいのではないかと思うことがあります。

 

義肢装具士法では次のように定義されています。

 

「装具」とは、

上肢若しくは下肢の全部若しくは一部又は体幹の機能に障害のある者に装着して、当該機能を回復させ、若しくはその低下を抑制し、又は当該機能を補完するための器具器械をいう。

 

弊社が取り扱っているインソール『mysole®』も足底装具という装具の一種です。

 

この定義をどのように解釈するかは各々の義肢装具士ではあるのですが、

私は「機能に障害がある」という箇所が大きな意味合いがあるのではないかと思っています。

 

つまり、義肢装具士は採型、採寸して装具を製作するだけでは充分でないということではないでしょうか?

          写真(7重跳びなど数々のギネス記録保持者なわとびプレーヤー『もりぞー』森口明利さん)

 

義肢装具士自身も患者様がどのような機能に障害があるのかを把握する必要があり、医師の指示があるのは前提としてしっかりとアセスメントしなくてはいけないのでは?と感じています。

 

アセスメントをするためには色々な要素があり、解剖学が大切であることは言うまでもありませんが動作分析が非常に大切です。

 

どの動作をしたときに患部や患部周辺がどのようなアライメントになりどのようなストレスを受けているのか?

 

これをしっかりと義肢装具士が理解した上で装具に落とし込んでいくことが大切だと考えています。

 

私もアセスメントが完璧にできている訳ではありません。

 

しかし、なぜ痛みがあるのか?どのような機能に障害があるのかを常に考えています。

 

弊社の『mysole®』はそれらを実現できるモノだと思っています。

 

 

義肢装具士 笠原徹郎


マイソールマイスター養成セミナーマイソールマイスター養成セミナー