Page top
マイソール協会コラム
マイソール協会コラム

Columnマイソール協会コラム

mysoleについて、mysoleベーシックマイスター養成セミナーで学んでみませんか?

イベント&セミナー

2020.12.09

『mysoleベーシックマイスター養成セミナー』参加者の声

 

2020年はコロナの影響で、日程の延期や規模の縮小など、参加者の方にはご迷惑をおかけ致しましたが、

さすがリハビリ職の皆様、日頃から感染リスクなどの意識が高く、一人一人のご協力のもと開催することが出来ました。

 

ありがとうございます。

 

mysoleベーシック養成セミナーは、

実際に観察、触診をし評価する事が大切であり、

更にmysolePADを用いた動作変化を実感していただく必要性がある為、

なかなかWeb対応のみという事が出来ません。

 

また、今までは講義、実技、検定会に2日間ご参加を頂く必要がありました。

 

 

しかし。。。。

 

今回、2DAYセミナーから1DAYセミナーへと進化を遂げ、

たった1日で講義、実技、検定をしてもご理解頂けるよう、

予習、復習の教材を設け更に充実した内容へと変更させて頂きました。

 

 

セミナー参加者様の声

1DAYになったことでよかったことは?

 

▪コロナ禍でのリスク軽減、遠方からの参加がしやすくなった。

▪予習動画によりご自身のペースで事前に学べ、安心してセミナーを受講できた。

▪mysolePADを用いた症例レポートを行うことにより、実際に検証した結果を添削してもらえる。

▪セミナー時に理解できなていなかった点などしっかり補足してもらえる。

 

普段の臨床でどのような課題がありますか?

 

▪高齢者の機能改善に限界を感じるけど、何をしてあげたら良いか分からない

▪OAなどの変性疾患の患者様に、運動療法や注射で痛みや歩容があまり良くならない

▪足部からの補正が重要だという実感はあるが、解決策が少ない

▪足部は複雑でどこにアプローチすればよいか悩む

 

セミナー受講したきっかけは?

 

▪リハビリ後は変化を感じるが、期間があくと状態が戻ってしまうので治療効果を持続させたくてインソールに興味を持った

▪処方する対象者はいるが、作製出来る人がいなかった

▪足部からの問題が非常に多い事を感じ機能改善ができるようになりたかった。

▪インソールを勧めたいが説得力のなさを感じ、もっと足部機能について学ぼうと思った。

▪インソールや足底管理の周囲の関心が薄いことを感じ、勉強したいと思った。

▪歩行時痛をなんとか改善したいと思う中で、インソールの必要性を感じていたが、動作分析をして評価するmysoleに出会い

これだと思った。

 

mysoleってどんなインソール?

 

 動作改善を確認しながら評価する、新しい理論

 

マイソール理論は従来のように足の形状から「固定」を目的に作成するのではなく、

「動くこと」を目的に「動作改善を確認しながら作成する」新しい理論です。

 

そのため、

・動作改善を確認しながら作成出来るから、患者さんが変化を実感できる

・即時効果としてバランスや痛みが改善する

・理論がシンプルに体系立てられてるから、習得しやすい

 

など、このような声が多く寄せられています。

 

もちろん、足部の疾患を持つ患者様からは、

 

「歩きやすくなった」

「ふらつきが減った!

「痛みや痺れが減った!

「転びにくくなった!

 

という嬉しい声もいただいています!

 

リハビリ職種として学んできた知識を活かしながら、更なるステップアップも出来、

インソールを通して、患者様に更に寄り添える。

 

そんなインソールに少しでも興味がある!という皆様、

是非、mysoleに触れ実感してみてください。

 

👇セミナーのお申込みはこちらから👇

マイソールマイスター養成セミナーマイソールマイスター養成セミナー