Page top
マイソール協会コラム
マイソール協会コラム

Columnマイソール協会コラム

マイスターインタビュー 第1弾 上高田ちば整形外科小児科 理学療法士 井浦大知さん

その他

2020.01.08

マイスターインタビュー 第1弾 

上高田ちば整形外科小児科 理学療法士 井浦大知さん

 

 

☆井浦大知 (いうらたいち)
上高田ちば整形外科小児科リハビリテーション科 主任
PT8年目 2018年1月~mysoleベーシックマイスター

 

 

◆PTとして大切にしている事はなんでしょうか?
患者さんの反応と満足度を大切にしています。こちらからの一方通行になるのではなく、患者主体のリハビリを提供する事を意識しています。次回もあなたに担当されたい!と言ってもらえるように努力しています。
その点、mysoleは動作の変化を作製前の段階で確認する事が出来るので患者さんの満足度が高いと思います。

 

 

◆mysoleマイスターになろうと思ったきっかけは何ですか?
足部へのアプローチで姿勢や動きの変化、諸症状の変化を以前より感じる事が多くありました。足部からのアプローチの一環で、インソール作成の勉強をしているうちに、mysoleを知り、mysoleの評価方法や考え方が自身の考えと一致する事が多く、簡易に現場で導入できる事もあり興味を持ち資格を取らせていただきました。

 

 

◆マイスターになってよかったことは何ですか?
治療の幅が広がりましたね。臨床上の武器になっている事を実感しています。
足部機能が改善する事で運動療法をスムーズに行うことが出来ています。

 

 

 

◆対象疾患についてはいかがでしょうか
変形性膝関節症と足底筋膜炎の方に対する処方が多数です。

現在は50~60代の方への作製が多いのですが、今後は子供にも適応患者さんが多いので作製していきたいと思っています。

 

 

 

◆実際にmysoleを使用している患者さんの反応はいかがですか
皆さん反応良好です。
痛みが減った、動きが楽になったなど前向きなフィードバックをもらえています。
定期的な通院が難しい方や、リハビリの処方まで至らない方にも作成していて、動作が原因で症状を悪化させている方にはmysoleのみでも的確な治療が行えていると思います。

 

 

◆今後の展望を教えてください。
この地域で一番の整形外科、地域の方から頼られるクリニックを目指す、という事を院長と共通の目標として取り組んでいます。

全世代をフォロー出来るように
この地域は子供から高齢者まで、様々な世代の方が生活しています。高齢者に対し当院では健康教室を開催しています。高齢者のフォローはもちろんですが、今後は特に子供世代のフォローを手厚く行っていきたいと思っています。足の状態が良くない子供が多いので、足育の一環でmysoleも処方出来たら良いですね。
運動の機会を失っている子供達に対して運動できる環境を提供したり、運動の楽しさを知ってもらいたい。
楽しく運動を続けてもらう為にPTとして地域の子供たちをバックアップしたいと考えています。

 

 

◆千葉直樹 院長より
他のインソールには無かった、作製前の【動作変化の体感・確認】が出来る点が優れていると思います。
患者さんの反応も良好です。皆さんに喜んで頂けていますね。

 

 

上高田ちば整形外科小児科

http://chiba-cl.net/

 

千葉先生、井浦さん
ご協力ありがとうございました。

 

 

mysole協会は【あなたの挑戦と足元から全身の健康】を全力でサポートします!

 

 

動作を評価して作るインソール体験セミナー mysole medical meeting動作を評価して作るインソール体験セミナー mysole medical meeting
マイソールマイスター養成セミナーマイソールマイスター養成セミナー